差し歯とインプラント

差し歯とインプラントについて

インプラントと差し歯の違い

歯の治療方法としてインプラントや差し歯がありますが、これはその状況によって治療方法がかわります。例えば上の部分だけなくなったような場合です。上の部分だけ削る様なこともあれば、欠けてしまったり途中から折れてしまったような場合です。このような場合は根が残っているのでそこに金属の土台を埋め込んで取り付けるのが差し歯になります。インプラントは根もとごと失ってしまったような場合に治療をする方法であり、根元から取れてしまったり折れてしまうような場合に、その骨の部分に金属を埋め込んでそこに人工の歯を取り付けます。

インプラントの歯について

インプラント治療では、治療のために開発された金属部品を顎の骨に固定するような治療方法になっています。本来ある歯と同じように、土台がしっかりとしたものを取り付けていくことが可能になっているため、安定感があるものに仕上げてもらうことができます。インプラント治療で取り付けてもらうことが歯は、オールセラミックスのものや、ハイブリッドセラミックスのものなどであり、とても美しいものを手にすることができます。自然で透明感があるようなものに変えてもらうことができるので、審美的にとても良い治療をすることができ、人気の治療になっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントと入れ歯について All rights reserved