インプラントの食感

インプラントの食感について

インプラントの歯の噛み心地

インプラントは抜けた歯を治療する方法ですが、他の治療方法と違うところはしっかり固定されるということと、天然の近い自然な噛み心地ということです。入れ歯という治療方法もよく行われていますが金属のバネで周りの引っ掛けるという方法のため違和感があることが多いのです。その点インプラントなら治療方法が顎の骨に器具を埋め込んで取り付けるという方法のため一本ずつしっかりと固定されることになります。また一本ずつ治療することで自然に近いきれいな形となり食事や会話の時も違和感なく行うことができるので最近注目されています。

インプラントは他の歯の負担軽減

インプラントの治療は、他の歯に負担をかけないということがメリットの一つです。他の治療法の場合、ブリッジの場合、両隣を削らなければいけないということと、部分入れ歯の場合には、両隣をバネで固定するため大きな負担がかかってしまいます。インプラントの治療は審美性にも優れており、天然のものにより近い治療を受けることができます。さらに、食べ物を噛む力も他の治療法と比べるとかなり大きく、他の治療法と比べると、費用は掛かってもメンテナンスをすれば生涯使い続けることができるということが大きなメリットということができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントと入れ歯について All rights reserved