インプラントって?

インプラントの今と昔の話

人工の歯根を埋め込むインプラント

虫歯などで歯が抜けた場合、今まではブリッジ、入れ歯を代用してきました。差し歯においても歯の根の部分が必要でした。ブリッジでは両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯では噛み合わせが難しく、すぐに外れたりします。インプラント治療では、歯のない部分にインプラント体を埋め込みます。これは歯の根となるもので、チタン性のネジみたいなものです。これが人工の歯根となります。その上に人工の歯をはめ込み、噛み合わせを調節して仕上げます。歯をすべて失った場合にも対応できる、自然の歯に限りなく近い治療法です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントと入れ歯について All rights reserved