インプラントがいい

インプラントの治療前に

インプラントと他の治療法の比較

インプラント治療は、ブリッジや部分入れ歯などの治療と比べると、まず、噛む能力が優れているので、しっかりと噛むことができ、消化器官への影響を抑えることができます。次に、ブリッジの場合には、両隣の歯を削り土台にし、部分入れ歯の場合には、両隣の歯にバネで固定するため、どちらも天然の歯の寿命を短くしてしまいます。ただし、健康保険が適用外となるため、治療費が高くなってしまうことや、外科手術を行うというデメリットもあります。

オールオン4について

これまで総入れ歯の人がインプラントをしたいと考えたら、1本ずつ歯根を埋めていくという方法が一般的で、10本から14本程度の歯根を埋めていく必要がありました。本数が多くなれば、それだけ手術の時に体にかかる負担も大きくなります。そんな中、注目を集めているのが、4本の歯根を埋めるだけで、すべての歯を装着できるオールオン4という治療です。埋める本数が少ない事で、体への負担、そして経済的な負担も減らせると注目を集めています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントと入れ歯について All rights reserved