インプラントと入れ歯

インプラントと入れ歯について

入れ歯かインプラントを比較

歯を失った時に検討する選択肢は、入れ歯かインプラントですが、それぞれメリット、デメリットがあります。前者は型を取って人工のものを作るので手軽で、付けたり外したりできるという特徴があります。しかしやはり元々の自分のものとは違和感があります。後者は骨に金属の部品を埋め込み、そこに人工物を作るので、元々の自分のものと噛み心地が近いのが特徴です。慣れるにもそう時間がかからず、一度手術を受ければ相当な年数そのままで、特にメンテナンスも必要ありません。ただ入れ歯とは違い、インプラントは手術に手間や日数、費用がかかるので、どちらを選ぶかは個人の考え方に依るところが大きいです。

インプラントの歯科治療

インプラントは、無くなった歯の部分に土台となるフィクスチャーを埋め込んで、そのうえに人工の歯を被せる治療方法です。インプラントのメリットとして、審美性が高い、ものをしっかり噛むことができる、などが挙げられます。もちろんメリットだけでなくデメリットもありますので、デメリットの面もよく理解したうで治療するのが大切です。だれでも治療できるとは限らず、フィクスチャーを埋め込むだけのじゅうぶんな骨がなかったり、全身的な疾患があったり喫煙者は治療できません。れっきとした手術となりますので、じゅうぶんな知識もないまま安易に治療を決めず、医師と相談しながら決めるようにすることが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントと入れ歯について All rights reserved